和歌山市【暴豚製麺所】行列のできる二郎インスパイア系ラーメン!中毒性のあるウマさ!

和歌山で行列のできる次郎インスパイア系ラーメンを食べる!

和歌山大学やイオンモール和歌山の近くにある和歌山でも異彩を放っているラーメン屋『暴豚製麺所(ぼうとんせいめんじょ)

和歌山では珍しい二郎系ラーメンを食べることができるラーメン屋です。低価格でボリュームがあっていつも行列ができていますね!

以前から気になっていたので、初二郎系ラーメンを食べに行ってきました!

ヒロイキ

二郎系ラーメンは初でしたが、不思議な中毒性があります!

暴豚製麺所はこんなお店

暴豚製麺所さんは、和歌山大学やイオンモール和歌山の近くにあるラーメン屋さんです。

暴豚製麺所の外観

県道752号線沿いにあるので、比較的わかりやすい場所にあります。

イオンモールから和歌山市内に向かって行くと左手側に目立つ看板があるのでわかりやすいですね。

 

金曜日の19時過ぎぐらいに訪問しましたが、10人ぐらいの行列ができていました。

やはり人気ですね…!

 

駐車場はお店の横側に6台ほど停められるスペースがありますが、時間帯によっては満車になってしまうので注意が必要です。

近くに第二駐車場もあるので、お店横が満車の場合は店員さんに聞いて第二駐車場へ車を停めましょう。

見たことのあるエンブレム

暴豚製麺所さんの看板にある豚のマークですが、どこかで見たことのある人も多いのではないでしょうか…

ランボルギーニにそっくりな看板

 

あの有名なイタリアのスーパーカーメーカー『ランボルギーニ』のエンブレムにそっくりですね!

看板にローマ字で『RANBOUBUTA』と書かれているのも明らかにランボルギーニを意識していておもしろいです。

ヒロイキ

個人的にはこういう遊びココロ好きです!

暴豚製麺所の店内はこんな感じ

暴豚製麺所さんは比較的小さな店内で、変形L字型にカウンター席が10席ほどあるだけで、座敷などはありません。

小さくても熱気のある店内

女性のお客さんもちらほら居ましたが、ほとんどは男性のお客さんでしたね!

二郎インスパイア系ラーメン

暴豚製麺所さんは和歌山ではかなり珍しい『二郎系ラーメン』として有名です。

二郎系ラーメンとは
ラーメン屋「ラーメン二郎」を典型とするラーメンの系統を指す言い方。二郎系ラーメン。面は極太のわしわし麺、その麺を覆い尽くすほどモヤシ等の野菜が山盛りに盛られ、ニンニクや背脂などのトッピングを任意に選べる、といった点をおおむね共通の特徴とする。ラーメン二郎は元祖に位置づけられ、二郎系は二郎の触発されたという意味で「二郎インスパイア系」と呼ばれることも多い
出典:weblio

東京の有名なラーメン屋さん『ラーメン二郎』を元祖としたラーメンのことのようです。

かなり個性的な特徴から、「二郎はラーメンではない。二郎という食べ物だ」という名セリフ(?)まであるようですね!

最大の魅力は、その『ボリューム』と野菜など無料で増しにできる『トッピング』ではないかと思います。

暴豚製麺所のメニューは

暴豚製麺所のメニューは以下のとおりです。

  • 醤油ラーメン
  • 塩ラーメン

シンプルに2種類のみですね。

これに『豚増し』と『麺増し』を注文することができます。

暴豚製麺所の券売機

二郎系は麺の量が多いのが特徴です。

暴豚製麺所でも麺の量が多いので注意してください。

麺量はおよそ3倍

醤油ラーメンも塩ラーメンでも、自分のお腹の具合に合わせて麺の量を選びましょう。

  • キッズサイズ(麺量120g)
  • 小(麺量200g)
  • 並(300g)
  • 大(400g)

和歌山の普通のラーメン屋での麺量はだいたい120gぐらいなので、並でも3倍近くの麺量がありますよ!

まずは食券を購入

暴豚製麺所で行列ができていた場合は、列に並ぶ前にまず店内で食券を購入しましょう。

先に食券を買ってから列に並ぶスタイルなので注意してください。

トッピングコール

席に着席してから、二郎系の独特なトッピングを聞かれます。

二郎系独特のトッピングコール

店員さんから「ニンニクどうしますか?」的なことを聞かれますので、自分の好きなようにトッピングの増し注文をしましょう!

野菜と背脂を増やしたい時は「ヤサイ、セアブラ、マシで」っていう感じで注文するとOKなようです。

肉増しについては食券で購入するので有料ですが、『野菜、背脂、カラメ、にんにく』については、無料でトッピングを増しにできるので、好きな人は増し注文をしましょう!

ちなみに『少なめ』も注文できますよ。「ヤサイ スクナメ」みたいな感じで。

ヒロイキ

二郎系の魅力の一つ!!

これが暴豚製麺所の醤油ラーメン!

今回は『醤油ラーメン(並)』を注文しました!

初めての暴豚製麺所だったので、トッピングコールは『すべて普通』で注文をしました。

 

これが暴豚製麺所の醤油ラーメン(並)です!

暴豚製麺所の醤油ラーメン

暴豚製麺所の醤油ラーメン

トッピングは

  • チャーシュー
  • 背脂
  • もやし
  • ニンニク

となっていて、二郎系ラーメンらしい見た目です。

もりもりのモヤシがいい感じですね。野菜増しで注文するとモヤシが山盛りになりますよ!

ヒロイキ

初めての二郎系ラーメン!いただきます!

かなり濃い味のスープ

スープは豚骨醤油系で味がかなり濃い目です!

豚骨ベースだと思いますが、動物系の旨味に醤油のコクと合わせて塩辛さがけっこう強めにします。

背脂にも味がついているのでより味を濃く感じますね。さらにトッピングのニンニクの香りもかなり強めにして中毒性がヤバイ!

大量に乗ったモヤシと一緒に食べるとあっさり感がちょうどよい感じですね。

これは野菜増しにしてもちょうど良いかもしれない!

ヒロイキ

やばい…なんかわからんけどめちゃめちゃクセになる…!

太い縮れ麺

二郎系の特徴でもある『太い縮れ麺

ここ暴豚製麺所も食べごたえのあるワシワシっとした太い縮れ麺です!

モヤシを食べている間に、太い縮れ麺がスープを吸っていきます。

この味の濃いスープが絡んだワシワシした麺もクセになる…!

まぜそばもある

醤油ラーメンの食券を手渡すときに、店員さんから「ラーメンにするか、まぜそばにするか」聞かれました。

どうやらまぜそばもあるようです。

今回はラーメンを注文しましたが、まぜそばもインパクトがありそうで一度食べてみたいと思います。

暴豚製麺所のまとめ

暴豚製麺所は和歌山で食べることができるラーメン屋です。

なんというか二郎系のラーメンは不思議な中毒性があって、なぜかクセになるウマさがあります!

値段も安く、野菜なども無料でマシにできるので、自分の好みのトッピングコールを探す楽しみもありますね。

通常でもニンニクの香りがスゴイので、次の日に人と会う予定がある場合は注意したほうが良いかもですね。

和歌山ラーメンとは違うウマさがあるので、ゼヒ一度食べに行ってみてもらいたいですね!

食べてしばらく日にちが経つとまた食べたくなってきます笑

暴豚製麺所の情報

店名:暴豚製麺所
住所:和歌山県和歌山市中317
営業時間:18:00~24:00
定休日:日曜日
電話:073-499-6037
駐車場:有り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です