子育てしている親に読んでもらいたい!絵本「いっさいはん」

絵本いっさいはん

こんにちは、ヒロイキです!

嫁さんが図書館で借りてきた本が面白かったので、紹介します。

「いっさいはん」  さく・え minchi
絵本「いっさいはん」
絵本ですね。
ぼくの子供が1歳4ヶ月ぐらいですので、ちょうどこの本の一歳半ぐらいになります。

内容は、一歳半ぐらいの子供のあるあるをひたすらイラストと一緒に紹介するだけです。

例えば
だっこしてほしいポーズ。両手をバンザイ
だっこされたくないポーズ。体をのけぞらせる

こんなのが続きます。
この「だっこして欲しいポーズ」と「だっこして欲しくないポーズ」は、まさにうちの子と一緒ですね…!

何も考えずに嫁さんと「あるある!」と言いながら楽しく読む感じです。
絵もかわいくてそごく癒やされます。

「ちらかったものにはきょうみない」「かたづいたものにはきょうみある」
これもありますよね!

子供を育てるのは本当に大変です。
ぼくの子供は本当に気分屋で頑固で、自分の思いどおりにいかないとすぐ怒ってきます笑
嫁さんにはいつも感謝しています。

子育ては本当に大変だけど楽しい、そんな感じです。
この絵本を読んでいると、みんなのところも同じなんやなってわかりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です