みなべ町の山奥にある桜の隠れ名スポットへ行ってきた!すごい迫力でした。

みなべ町島ノ瀬ダムの桜

平成最後の桜も散り始めていますが、先週ほんの少し花見に行ってきたので写真をのせてみます。

和歌山県紀南地方の桜スポットといえば、白浜町の平草原や田辺市の動鳴気峡(どうめききょう)あたりでしょうか。和歌山市周辺なら和歌山城や紀三井寺ですね。

しかし今回訪れたのは知る人ぞ知る桜の隠れ名スポットであるみなべ町の島ノ瀬ダムです。

ここ数年は口コミで広まりつつあるようですが、まだまだ知らない方も多いのではないでしょうか。

隠れスポットなのでまだまだお客さんも少ないので、かなり良い所ですよ。

島ノ瀬ダムの桜

和歌山県日高郡みなべ町にあるダムで、ダム周辺にはおよそ800本の桜が植えられていて、その迫力は圧巻です。

撮ってきた写真を少しですがペタペタと貼っていきます。

みなべ町島ノ瀬ダムの桜

ちょっと電線がジャマですが、全景が映るように撮ってみました。

島ノ瀬ダムのさくら

桜の木のトンネルみたいになっています。

島ノ瀬ダムの桜

めちゃくちゃ桜が植えられていた一帯すべて桜になっています。

かなり朝早くに寄ったんですが、すでにお客さんが数組来ていて桜を楽しんでいました。数年前まではお客さんも少なかったですが、ここ数年で少しずつ人気が出てきていてお客さんも増えてきているようです。

周辺一帯が桜ばかりなので迫力がすごいです。

島ノ瀬ダムの桜と鯉のぼり

桜の時期に合わせてたくさんの鯉のぼりが揚げられます。一枚目の写真にチラッと写っているんですがわかるでしょうか。

この日は風がまったくなく鯉のぼりもぐでーんとしていたんですが、風があるとたくさんの鯉のぼりが一斉に泳ぐので子供も大喜びしますよ。

まとめ

和歌山県のみなべ町にある桜の隠れスポット『島ノ瀬ダム』でした。

まだまだそんなに有名な桜スポットではないですが、その迫力は県内一ではないでしょうか。今年はすでに散り始める時期ですが、来年のお花見の時期にはぜひ一度訪れてみてください。驚きますよ。

最近は口コミでちょこちょこ話を聞くので、今後どんどんお客さんが増えてくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です