剛毛の僕がパナソニックのボディトリマーを試してみたのでレビュー。これはとてもいいぞ!

パナソニックのボディトリマー

さっそくですが僕は剛毛で、とくにすね毛などの下半身が濃いです。めちゃくちゃ濃いです。猿の出来損ないと言われても否定できないレベル。

体毛が薄い人にはわからないと思いますが、濃いのって本当にコンプレックスなんですよね。

剛毛の人はわかってくれると思います。

だいたいの女の子は体毛は薄い方がいいみたいですし。

かといってツルツルにするのもちょっと、、、

思春期の頃から悩んでいた僕がアラサーになって試してみたパナソニックのボディトリマーを試してみたのでその感想を記事にしてみました。

ボディトリマーとは
いわゆる全身用バリカン。バリカンよりもすね毛や胸毛などの体毛を効率よくトリミングできるように設計されています。

結論的にはかなりオススメです!剛毛でなくとも短パンを履くときなんかも清潔感がでるのでオススメですよ。

やはり清潔感はかなり大事ですからね。

全身これ1台で!パナソニックのボディトリマー

僕が購入したボディトリマーはこれです。

パナソニックボディトリマー(ER-GK70)

パナソニックのボディトリマー

他のモデルもいくつかあるようです。

Panasonicボディトリマー(ホームページ)

それぞれの違いはコームの長さの違いなど。

これ1台ですね毛はモチロン、胸毛までOK!極めつけはVゾーンOゾーン(いわゆるチ○毛やケ○毛。ビキニゾーンというやつですね)まで整えることができるスグレモノです。

日本ではビキニゾーンを整える習慣はあまりないですが、海外ではエチケットとして整えることが多いようですね。

でも雑誌なんか見てると最近はけっこうビキニゾーンも整える人が増えているみたいで、これからは男もビキニゾーンを整えるのが当たり前の時代になるんですかね。

確かにボーボーだと見た感じも清潔感ないですし、蒸れますしね。整えている方が女性からも評判いいのではないでしょうか。知らんけど。

パッケージに同梱されているもの

ボディトリマーの同梱物

  • 本体
  • アタッチメント(3mm、6mm、9mm)
  • ACアダプター
  • 掃除用のブラシ
  • メンテナンス用オイル
  • ポーチ

旅行先や出張先へ持ち出しするとき用のポーチもついています。ポーチはあんまり使う機会は無さそうな気もしますが…旅先とかに持っていくことがあれば便利ですね。

ちなみに充電は8時間でフル充電され、およそ40分稼働します。

良いなと思った点

水洗い可能

パナソニックのボディトリマーは水洗い可能なので、いつでも清潔に使うことができます。

つまりお風呂場で体毛の手入れができるので、後片付けが圧倒的に楽になります。

お風呂に入るときに体毛を手入れして、そのまま体を洗い流して、刈った毛も流せるのでめちゃくちゃ楽なんですよね。

これなかなか重要ポイントです。

さまざま長さ調整が可能

パナソニックのボディトリマーはアタッチメントを付け替えることで長さ調整をします。

アタッチメントは3mm、6mm、9mmがついているので、例えばすね毛は6mm、腕は3mmといったように使い分けることができます。

ビキニゾーン(陰部周り)なんかは9mmでも短すぎると思うので、アタッチメント無しで肌に密着させず浮かして使うことでいい感じに整えることも可能です。

さらに言えばアタッチメントをつけずに使うことで、なんと0.1mmの長さにカットすることもできるんですよ。

安全に使用可能

バリカンなので刃がありますが、付属のアタッチメントを使うことで安全に使用することができます。

まず肌を傷つけることなく処理することができますよ。

カミソリだと肌がカミソリ負けをしてボロボロになることがありますが、このボディトリマーならその心配はありません。

実際に使ってみた様子

まずはすね毛

男の中でもかなり剛毛な僕のすね毛を処理してみました。

かなり剛毛で伸び放題だったので、まずは6mmアタッチメントをためしてみました。

パナソニックのボディトリマーですね毛を刈ってみた

左足が未処理の状態右がボディトリマーで手入れをした後です。

もともとがめちゃくちゃ剛毛なのでアレですが、かなり清潔感が増したと思います!

嫁さんも「サッパリしたな」と言ってますし。

普通に濃い目ぐらいの人ならかなり良い感じになると思います。まずは長めのアタッチメントから試して徐々に短くしていくのが一番失敗しない気がしますね。

アタッチメントをつければ短くなりすぎることもなく上手く刈ることができますし、刃が肌に密着しないので安全です。

バリカンと違って一方方向にしか刈れないのではなく、説明書にもありますが、左右どちらの方向に動かしても刈ることができるのも良いポイントですね。

パナソニックのボディトリマーは使いやすい

アタッチメントを肌に密着させて上下に動かすだけで効率よく整えることができます。つまりバリカンなら毛の流れを見極めて毛の流れに逆らうように刈る必要がありますが、パナソニックのボディトリマーなら毛流れを気にせずに左右に動かすだけで刈ることができます。

次はビキニゾーンを

写真を載せることはできませんがビキニゾーンも試してみました。

ここは9mmでも短すぎるので、アタッチメント無しで肌から浮かして整えてみました。

かなりスッキリしましたね。

鏡で見るとビフォーアフターで明らかに違うのがわかります。これほどまでに清潔感がアップするとは…

ムレにくくなるので間違いなく衛生面でも良いですよね。

夏場の必須アイテム

これから暑くなってくるこの季節にボディトリマーはかなりオススメのアイテムです。

半パンやTシャツなど肌を露出する機会も増えますし、短く整えておけば清潔感もあるので女性からの評判も良くなりますしね。

ちなみに嫁さんからはおおむね良い評価でした。手間もかからないので、一度処理をするとその快適さから病みつきににりますね。

ツルツルにするわけではなく、あくまでも自然に長さを揃えて整えるのに適した製品で、ハサミやカミソリなどを使って処理をするよりも安全・スピーディーにかつ自然に整えるためには必需品だと思います。アンダーヘアまで対応している製品は珍しいですしね。

実際に使ってみたところ使い勝手もよくてこれから愛用していくことになりそうです。

ただしツルツルを目指す人にはボディトリマーは向いていないので注意してください!ツルツルを目指す場合はカミソリや除毛クリームを使うべきですよ。

10段階の長さ調節できるバージョンも!

僕が使っているパナソニックのボディトリマーはアタッチメントを付け替えることで長さ調節をしますが、新しいモデルではダイヤル式で長さ調節するものもあるようです。

パナソニックボディトリマー(ER-GK80)ホームページ

こちらのモデルなら3mm~12mmまで1mm間隔で細かく長さ調節できるので、より丁寧に処理したい人には良いと思います。

12mmまであるのは良いですね。9mmでは短すぎるかな?と思う場合に使えますね。

ただ今のところ僕はそこまで必要性を感じていないので、今までのモデルで十分かな〜と思います。値段も少し安いですしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です