自宅で簡単にできる!至高のチャーハンのレシピを教えようと思う。

自宅でできる!至高のチャーハンのレシピ

こんにちは、チャーハン大好きヒロイキです。

突然ですがチャーハンは好きですか?

僕は大好きです!おいしいですよね!

今週は嫁さんと子供が実家に帰っているので、1人でお昼ご飯にチャーハンを作りました。寂しいですね…

チャーハン大好きな僕が、何度も試行錯誤し到達した家庭でできる至高のチャーハンの作り方を紹介します。

女の子はチャーハンを作る男が好きなハズなので、上手に作れると女の子にモテると思いますよ!たぶん。

家庭で簡単にできるし、最高にウマいですよ!ぶっちゃけ和歌山の田舎に収まっているのはもったいないレベル。

ヒロイキ

最高にウマいチャーハンやで!

至高のチャーハンの作り方

材料

具(一人分)

  • チャーシュー・・・好きなだけ
  • 白ネギ・・・好きなだけ
  • 玉子・・・2個
    チャーハンの材料。ネギ・チャーシュー・玉子

※白ネギの方が美味しいですが、今回白ネギが冷蔵庫になかったので、青ネギで作りました。
※チャーシューも前日の晩に作っておくと良いのですが、今回は冷蔵庫にあった市販のチャーシューです。

至高のチャーハンの素(一人分)

  • しょうゆ・・・小さじ1.5
  • 酒・・・小さじ1
  • 塩・・・ひとつまみ(親指、人差し指、中指の3つの指でひとつまみ)
  • こしょう・・・適当
  • 鶏ガラスープの素(顆粒タイプ)・・・小さじ1ぐらい

作り方

  1. 至高のチャーハンの素の材料をすべて先に混ぜておきます。
    チャーハンの素
  2. 白ネギをみじん切りにして、チャーシューを好きな大きさに切っておきます。
    チャーハンの具を切る
  3. フライパンに油を多めに入れて、熱します。
    フライパンに油をいれて熱する
  4. フライパンが暖まったら、溶き玉子を入れます。
    フライパンの火加減は中火ぐらいにしましょう。よくチャーハンは強火で!とか言いますが、かなり手早くしないと焦げるので、ご家庭では中火ぐらいが一番良いです。
    フライパンに溶き卵を入れる
  5. 溶き玉子をフライパンに入れたら、すかさずご飯を入れます。
    世間ではチャーハンのご飯は冷えたご飯が良いとか言いますが、暖かいご飯の方がいいです。
    冷えたご飯を使う場合はチンして温めておいてくださいね。
    冷えたご飯だとフライパンが冷えてしまって、あまり美味しくできません。
    ヘラでご飯と玉子を混ぜる
  6. ヘラで玉子とご飯が絡むように混ぜ、玉子が固まったらチャーシューを投入。
    チャーシューを入れる
  7. しばらく炒めた後、フライパンの半分に寄せ集めて、混ぜておいた至高のチャーハンの素を出来るだけまんべんなくかかるように入れます。
    チャーハンの素をまんべんなくかける
  8. またしばらくヘラで混ぜながら炒めます。
  9. 最後にネギを好きなだけいれて、少し炒めたら出来上がり。
    最後にネギを入れる
  10. 美味しそうに器に盛り付けて、最後に黒胡椒とか降るとオシャレ。
    器に盛って出来上がり

作る時のコツ

火加減は中火ぐらいにしましょう。

よくチャーハンは火力が大事!強火で!とか言いますが、違います。

お店とかで中華鍋で手早く作るときは。強火の方が良いですが、家庭の普通のフライパンとコンロなら中火ぐらいが一番作りやすいです。

落ち着いて作れますし。

フライパンに入れる油は気持ち多めにいれましょう。その方がパラっとして美味しいです。

アレンジするなら至高のチャーハンの素に少しだけ『柚子胡椒』を入れると、柚の香りがしてまた違う美味しさのチャーハンになりますよ。

ヒロイキ

ぜひ一度お試しあれ!

家庭で作るチャーハンの完成形

家庭で簡単に作れるチャーハンの完成形だと思っています。

余裕がある時は前日にチャーシューも仕込んでおくのですが、今回はそこまでしてません。

自分で作ったチャーシューで作るチャーハンも最高に美味しいんですけどね。

チャーハン好きのみなさんぜひ一度作ってみてください。

ヒロイキ

最高に美味しいっす!

普通のフライパンでも美味しくできますが、中華鍋とかを使うとさらに美味しくできますよ!

中華鍋は独特の形で、食材を返しやすく熱が全体にいきやすくなっています。

水分を飛ばしながら調理するのに向いていますので、チャーハンのレベルが一段と上がりますよ!

見た目かっこいいですしね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です