紀の川市【うらしま】一度食べたら忘れられない!訪問難易度は高いが訪れる価値のある和歌山ラーメン!

うらしま

和歌山市から少し外れた紀の川市に数々の人を虜にする和歌山ラーメンのお店があります。

そのお店の名前は『うらしま』

和歌山市から少し離れている上に、営業時間が短いので訪問難易度は高いですが、それでもうらしまの絶品和歌山ラーメンを食べるために他府県からもお客さんが訪れます。

日・祝は定休日の上、営業は11:00〜13:00の2時間のみ(それまでに売り切れることもある)という訪問ハードルの高さですが、それでも食べる価値はあります。

ラーメンファンからは伝説のラーメンやら幻のラーメンなんて言われることもあるようですが、ぜひここは一度食べてもらいたいと思います。それだけの価値があるラーメン屋さんですよ。

僕も今までに数回訪れていますが、うらしまのラーメンはまた食べたくなるんですよねぇ。

うらしまはこんなお店

和歌山市から東に向かって国道を突き進んだところにある紀の川市。ここに幻のラーメン屋『うらしま』はあります。

うらしまの外観

うらしまの看板

外観は昔ながらの大衆食堂のような佇まいで雰囲気のある小さなお店です。

昔はうらしま食堂として大衆食堂をしていたそうですが、メニューの一つであった中華そばの評判が良かったことから中華そば専門になったようです。

駐車場は店の前と離れに

うらしまの駐車場はお店の前に車を5台ほど停められるスペースがあります。

とは言っても、お客さんが多い上にほとんどが車でくるのでお店の前はすぐに満車になります。

お店の前が満車の場合は、70mほど先に駐車場があるようなのでそちらに車を停めましょう。

うらしまの駐車場

ちなみに僕は、少し待っているとお店の前の駐車場が空いたので店の前に停めました。

店内は昔ながらの食堂の雰囲気

うらしまの店内は昔ながらの大衆食堂といった雰囲気でオシャレさとかは皆無です。(店内の写真を取り忘れてしまいました・・・)

店内は中央に8人がけくらいのテーブルがあり、両サイドに小上がりとなっていて2人用ぐらいの小さなテーブルが5つあります。

11:00オーブンですが、僕が訪れた11:15には平日にも関わらず店内ほぼほぼ満席となっていて、その後もひっきりなしにお客さんが来店していて、人気の高さがよくわかりました。

客層としては男性が多いですが、中には若い女性の方もチラホラいましたよ。

注文は食券スタイル

うらしまの注文は食券制となっています。

入り口を入ってすぐ左側に食券があるので、先に食券を買っておきましょう。

そして席に座ってテーブルの上に食券を置いて待ちましょう!テーブルの上に置いた食券を女将さんが見て、注文を通してくれます。(食券を渡すのでは無く、テーブルに置いて待つスタイルです笑)

うらしまのメニュー

うらしまのメニューは『中華そば』と『めし』というとてもわかりやすいので迷うことがありません。

  • 中華そば
  • 中華そば(1.5玉)
  • 中華そば(ダブル)
  • めし

うらしまのメニュー

うらしまの麺の量は少し少なめなので、男性でガッツリ食べたい人は1.5玉かダブルを注文する人が多いです。

そして『めし』はゼヒ注文してください。うらしまの中華そばにはめしがめちゃくちゃ合うのでゼヒオススメです。

ちなみに僕はいつも『中華そば』+『めし』のスタイルですね。個人的にはこの組み合わせがベスト。

うらしまの中華そば

これがうらしまの中華そばです。

うらしまの濃厚な中華そば

基本のトッピングは

  • チャーシュー
  • 青ネギ
  • メンマ

とシンプルな構成ですね。

伝説やら幻やら言われるうらしまのラーメンですが、見た目は昔ながらの中華そばといった感じですが、どんな味なのか楽しみです。

レンゲは冷蔵庫の上に

ちなみに運ばれてきたラーメンにはレンゲがついてないので、レンゲが必要な人はお店の冷蔵庫の上に置いてあるレンゲを自分で取りましょう。給水器のそばにありますよ。

濃厚なスープ

スープは茶色く濁った色をしていていかにも濃そうな雰囲気を醸し出しています。

うらしまの濃厚なスープ

まずはスープを一口飲んでみます。

豚骨醤油の和歌山ラーメンですが、見た目のとおりかなり濃厚なスープで、豚骨の濃厚な旨味に醤油のコクと塩辛さがガツンときます。

脂感も割と強めに感じますし、チャーシューの脂と合わさってわりとコッテリ感がありますね。

和歌山ラーメンといえば豚骨醤油ですが、ここまでガツンとくる和歌山ラーメンは他には無いと思います。

先ほど言ったとおり、ご飯は注文すべきです。このスープにご飯はめちゃくちゃ合いますよ!

ガツンとした醤油辛さがあるので、人によっては塩辛いと感じる人もいると思いますが、汗をかいたあとにうらしまの中華そばを食べたら最高でしょうね。

麺は細ストレート

麺は和歌山ラーメンらしい細ストレート麺です。

うらしまのパツッとした麺

パツっとした感じの麺ですね。

和歌山ラーメンは柔らかめな麺が多いですが、うらしまの麺がは良い感じに硬さが残っていて良かったです。

この麺は濃厚なスープに負けないように、製麺所と試行錯誤の末に完成したこだわりの麺とのこと。

トロトロのチャーシュー

チャーシューは脂身多めのトロトロ系チャーシューです。

うらしまのチャーシューは味しっかり目

味もしっかり目についているので、ご飯のおかずにぴったりです。

ただ僕の好みで言えば、もうちょっと赤身部分があると嬉しいかな。

まとめ

紀の川市にある大人気のラーメン屋うらしまは11:30〜13:00までの昼2時間しか営業しておらず日祝は休みと極めて訪問難易度が高いラーメン屋です。しかも売り切れると早く閉めることもあるし。さらに和歌山市から少し離れているのでアクセスも良いとは言えないし。

それにもかかわらず県外からもたくさんのお客さんがうらしまの中華そばを求めてやってきます。それだけの価値がある絶品和歌山ラーメンをゼヒ一度食べてみてください。

うらしまの和歌山ラーメンは、県内の中でも随一のガツンと来る味はクセになるので、また食べたくなるんですよね。

うらしまの情報

店名:うらしま
住所:和歌山県紀の川市花野20ー7
電話:0736ー77ー5473
営業時間:11:00〜13:00
定休日:日・祝
駐車場:有り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です