【太地町】くじらの博物館!アルビノのイルカにも会える!予想以上の面白さ!

こんにちは、子育てアラサラリーマンのヒロイキです。

今日は子供を連れて嫁さんの母親と一緒に、和歌山県の太地町の『太地町立くじらの博物館』へ行ってきました。

ぶっちゃけあまり期待していませんでしたが、くじらの博物館オススメです。

ぜひ行ってみて欲しいです!

ヒロイキ

入場料1500円か…高えな…(入場料は母親が出してくれている)

この考えは後に180°変わるのであった…。

太地町立くじらの博物館はこんなところ

太地町とは

太地町は和歌山県の東側にある小さな町です。

昔から捕鯨で有名で、今でもクジラ肉とか食べられますよ。

太地町は、和歌山県東牟婁郡に属する町である。

昔から捕鯨で全国的に知られた町であり、日本の古式捕鯨発祥の地といわれる。この町は周辺の町村が合併を繰り返す中、1889年(明治22年)に太地村と森浦村が合併した当時のまま残っているため面積が和歌山県で一番小さく、その全域が海と那智勝浦町に囲まれている。

引用:wikipedia

太地町は伝統文化として捕鯨があります。

そんなわけで太地町はシー・シェパードからめっちゃディスられています。

くじらの博物館は展示だけでは無い!

3連休の間だったからか、お客さんは多かったです。

県外ナンバーの車も目立ちましたね!

入館料は大人1500円、小中学生800円となっています。

入館するとまずは、クジラの骨格標本や解説、捕鯨の歴史などの展示物があります。

クジラの骨格標本

クジラの骨格標本とか見たことあります?無いですよね?めっちゃでかいですよ!

僕はくじらの博物館って室内の展示しかないと思っていたので「これで終わりか…」って感じだったんですが、ここからがスゴかった…!

餌やり体験などが出来る!

入り口横のドアから建物の外へ出ると、またでっかい標本が見えます。

でっかい標本の奥にはイケスがある

その奥のイケスでは、クジラやらイルカやらがたくさん泳いでるではありませんか!

ヒロイキ

建物の中しかないと思ってたら、こんなになってるんや…

ホントにたくさん泳いでいるので、テンションあがりまくりです。

間近でイルカ・クジラが見える

子供もクジラやイルカを初めて見るので、指をさして喜んでいました。

そして300円で餌やり体験ができます。

これはやっておいた方が良いですよ!

めっちゃ間近でイルカやクジラに餌をあげることができます。

餌をねだってくるイルカ

鳴き声を出しながら餌をねだってくるイルカかわいい…子供も喜んどる!

他にもシーカヤック体験や、イルカに触れるコースもありましたよ。

太地マリナリュウムでアルビノのイルカ・クジラに会える

イケスのさらに奥では『太地マリナリュウム』があります。

ちいさな水族館みたいな感じですね。

入るとまずトンネルがあり、泳いでいるイルカをいっぱい見ることができます。

水中トンネル

水中トンネルからイルカが見える

ここにアルビノ(先天性色素欠乏症、色素がないため白い)のイルカとクジラがいます!

真っ白いイルカとかクジラって見たことあります?無いですよね?

真っ白です!神々しい…!

アルビノの白いイルカ

左後ろのイルカがアルビノのイルカです。

ちなみに僕らが行った時は、アルビノのクジラは寝ていました。

その他にもクラゲとかいろいろありましたけど、やっぱりイルカ・クジラがメインですね!

イルカの泳いでいる姿を間近で見ることができます。

イルカ・クジラのショー

イルカのショーとクジラのショーも見ることができます。

クジラのショーとかって、太地町以外であるんですかね?

イルカのショーとクジラのショーが1時間おきぐらいに交互に開催されています。

イルカのショーの時間が近かったのでイルカのショーを見ました。

このイルカのショーただのショーではなく、ちゃんとイルカの生体などを解説してくれます。

イルカの声は頭の上にある鼻から出しているとか、ヒレの形が鎌の形に似ているから『カマイルカ』って名前とか。

小さいプールですが侮れませんよ!

イルカのショー

子供も喜んでましたが、大人も夢中になれます!

そしてショーが終わった後は、300円でイルカにがっつり触って記念写真をとることもできます。

お客さんがめっちゃ並んでいました。

まとめ

最初は入館料1500円は高いな…と思っていましたが…終わる頃には

ヒロイキ

むしろ安いな

って感じでした。

イルカやクジラとこんなに間近で触れ合うことができるなんて。

イルカかわいいし。

捕鯨文化の歴史やイルカ・クジラの生体についても勉強できますし、そんなことにまったく興味がなくても楽しめます。

マイナス面としては、建物自体が古いですしちょこちょこ展示物が汚れていたりすることがあったのが残念ですね。

しかしくじらの博物館はゼヒ一度行ってみてください。

田舎のショボい博物館と思っていたら、良い意味で期待を裏切られますよ。

こんなに間近でイルカやクジラに触れ合える場所はなかなか無いと思います。

それぐらい距離が近い。

僕的には、餌やり体験は必ずやって欲しいですね!

そして夏には太地町では、くじら浜海水浴場がオープンします。

なんとここでは、くじらと一緒に泳ぐことができます!

「クジラと泳げる海水浴場」和歌山・太地町 朝日新聞デジタル

くじらと一緒に泳ぐ夢を叶えることができるんです!

これはもう太地町へ行くしかないでしょ!

楽しいな!和歌山!

子供とクジラ博物館

太地町立くじらの博物館
住所:和歌山県東牟婁郡太地町太地2934ー2
開館時間:8:30〜17:00
定休日:年中無休
入館料:大人1500円 小人:800円 幼児:無料
ホームページに100円引きのクーポンあり。
TEL:0735ー59ー2400
くじらの博物館ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です